toggle
2015-06-25

芝浦アイランド


芝浦アイランド、エアタワー・ケープタワー・ブルームタワー・グローヴタワーの出張マッサージなら、麻布リバースへ

top

このような方におすすめです。

「パソコン作業が続いている、身体をほぐして一息いれたい」

「ほぐしてもらってすぐにねむりたい」

「夜遅く、朝が早いから自宅でゆっくりうけたい・・」

「お風呂あがりにほぐしてもらいたい」

「わざわざ化粧して外へ出るのがめんどう」

芝浦エアタワー周辺のご自宅・宿泊施設での
リラクゼーションなら麻布リバースへ

お電話ください!

一人暮らしの女性でも安心して施術を受けていただけます。
品川区・港区・中央区・千代田区・目黒区・新宿区・ご自宅・ビジネスホテルへ出張致します。

 yakusoku_4

芝浦アイランドまで30分以内でおうかがいできます!


【注意事項】

当店は風俗店ではございません。 私達はこの仕事に、自信と誇りを持って施術に臨んでおります。

また、 セラピストへの常識に欠ける行動、発言などもお控えください そのような状況の場合ですとお断りさせていただいております。 ホテル様での施術を希望される場合、ラブホテルでの施術はお断りしております。

?下記の内容が見られた場合施術スタート後であってもサービスを中止致します。 その場合キャンセルと判断し、時間分の料金が発生いたしますので、ご注意ください。

●セラピストにさわる

●泥酔している

●セラピストの引き抜き

●下着一枚で施術をうける(部屋内に同伴女性がいれば可)

●施術部屋等でアダルト系のビデオをつけている

●プライベートなお誘い、連絡先を執拗にお聞きになる

●当店が不適切と判断したお客様

【その他】

●伝染病や流行りの病気の場合や慢性的な病気での施術は ご遠慮ください。

●妊娠中やその可能性がある場合の施術はその旨、事前にお伝えください。

※良質な技術を提供する為、お客様がセラピストを直接呼ぶ行為は 禁止しております。そのような場合、今後のご利用をお断りさせて頂いております。

麻布リバーストップページメニュー・料金表


予約・お問い合わせ
(下記の番号をスマホタップして電話可能)

コールセンター03-6675-0846

芝浦アイランド案内

芝浦アイランド・レジデン

エアタワー(左)、ブルームタワー(中央奥)、グローブタワー(右)

芝浦アイランド概観(北部方向・芝潟橋より)
芝浦アイランド(しばうらアイランド、Shibaura Island)は、
東京都港区芝浦4丁目にある再開発地区の総称・愛称である。


再開発地区は四方を運河に囲まれた島状の区域のほぼ全周に及び、
複数の事業者による高級大規模マンション(賃貸棟2棟、分譲棟2棟)や
港区による公共施設などから構成されている

概要

芝浦アイランドを走行する東京モノレール
再開発地区は東京湾岸の埋立地であり、元々は新三井製糖の工場や、
都電の車両工場と操車場、東京都下水道局ポンプ場や都営アパート、
フジエクスプレスのバスの車庫などが立地していた。

これを独立行政法人・都市再生機構(UR)、及び民間事業者8社
(三井不動産、三菱商事、オリックスリアルエステート、住友商事、
新日鉄都市開発、伊藤忠都市開発、大和ハウス工業、ケン・コーポレーション)が
共同事業として再開発を行った。


「芝浦アイランド」と名付けられた再開発地区は4つの街区から構成され、
超高層マンションが、分譲・賃貸それぞれ2街区ずつ建設されている。

地区は南北2ヶ所に分かれており、

敷地面積約4.5万平米の北地区にはA1、A2、A3の3街区があり、
南地区は敷地面積約1.6万平米の単一街区となっている


北地区は都市再生機構(当時は都市基盤整備公団)が
2001年(平成13年)に東京都から取得、南地区は三井不動産をはじめとする
民間事業者6社が新三井製糖から2002年(平成14年)に取得した後に、
両地区一体の再開発事業が開始された。完成した芝浦アイランドは、
地区全体では総戸数約4,000戸、人口約10,000人の街となっている。

エリア内には都下水道局ポンプ場と都営アパート、バス車庫が現在も残るほか、
周辺には倉庫やオフィスビルが多い。最寄り駅の一つである田町駅の東口は都による
再開発計画が決定しており、「今後の発展エリアの一つ」という評価もある。
また、西側を東京モノレールが通っており、付近への新駅設置を求めているものの、
現在のところ同社親会社のJR東日本は計画に着手していない。

各街区の詳細

街区は4区画に別れており、各街区ともタワーを中心に構成されている。

また、島を一周する遊歩道が設けられている。

A1街区・エアタワー

エアタワー

エアタワー・クラブハウス(エントランス棟)内1Fロビー

エアタワー・クラブハウス(手前:エントランス棟)とレジデンスタワー(奥)
エアタワー(Air Tower)は、地上48階建て、総戸数871戸の高級賃貸マンションであり、エントランス棟のクラブハウスと住宅棟のエアタワーレジデンスおよび店舗棟のエアテラスの3棟構成になっている。住戸の形式は37平米のワンルーム(家賃15万円台)から229平米の4LDK(家賃150万円台)までで、2007年(平成19年)3月に竣工した。

エントランス棟には、コンシェルジュカウンターや入居者専用のカフェ・ファーストラウンジ・各種パーティールーム・シアタールーム・OAルームなどが設けられている。また、エアテラスには店舗(ピーコックストアなど)が入居している。住人には、クルーザーのチャーターサービス等も提供しており、東京ベイエリアの魅力を満喫できる。

A1街区の土地所有者は都市再生機構(UR)であり、民間供給支援型賃貸住宅制度により民間事業者が定期借地権を借地期間70年で取得して賃貸住宅を運営している。

この街区の民間事業者は、三井不動産、ケン・コーポレーション、
新日鉄都市開発、オリックスリアルエステートである。
飲食・商業施設
スーパーマーケット
バー
桟橋
クルーザー
スパトリートメント
A2街区・グローヴタワー[編集]

グローヴタワー

グローヴタワー(Grove Tower)は、地上49階建、総戸数833戸の分譲マンションである。建築設計および施工は鹿島建設が行い、2007年(平成19年)3月に竣工した。
住戸の形式は47平米の1LDKから178平米の3LDKである。共用部にはコンシェルジュデスク、パーティルームやゲストルーム、フィットネスルームのほか、テニスコートが設けられている。テニスコートはフットサルコートに転用可能。
A2街区の事業者は、三井不動産、三菱商事、オリックスリアルエステート、住友商事、新日鉄都市開発、伊藤忠都市開発である[1]。
サクラ広場 – 遊歩道・公園
A3街区・ブルームタワー[編集]

ブルームタワー

ブルームタワー(Bloom Tower)は、総戸数1,028戸の高級賃貸マンションである。設計・施工は清水建設により行われ、2008年(平成20年)9月に竣工した。
A3街区の土地所有者は都市再生機構(UR)であり、民間供給支援型賃貸住宅制度により三井不動産レジデンシャルが定期借地権を借地期間70年で取得して賃貸住宅を運営している[1]。A3街区の開発事業者は三井不動産、大和ハウス工業、ケン・コーポレーション、新日鉄都市開発、オリックスリアルエステートであった[1]。
スポーツクラブ – 温泉あり
クリニックモール「ドクターズポート」 (医療機関など) – 内科・リウマチ科・小児科・薬局
南地区・ケープタワー[編集]

ケープタワー

ケープタワー(Cape Tower)は、地上48階建、総戸数1,095戸の分譲マンションである。住戸の形式は44平米の1LDKから167平米の3LDKである。建築設計および施工は鹿島建設が行い、2007年(平成19年)1月に竣工した。ケープタワーは超高層住居用の建築物としては日本で二番目にトライスターフォルムを採用した[4]。
南地区の開発事業者は、三井不動産、三菱商事、オリックスリアルエステート、住友商事、新日鉄都市開発、伊藤忠都市開発であった[1]。
ドッグラン
その他
遊歩道 – 島を一周している。
プラタナス公園 – 約2,500m2。
港区立こども園
児童高齢者交流プラザ

参照:Wikipedia


芝浦アイランド、エアタワー・ケープタワー・ブルームタワー・グローヴタワーには30分で到着いたします。


予約・お問い合わせ
(下記の番号をスマホタップして電話可能)

コールセンター03-6675-0846


関連記事