toggle
2015-05-27

東京都港区六本木への出張マッサージなら麻布リバースへ


六本木の出張マッサージ麻布リバースホームページにようこそ!

top

このような方におすすめです。

「パソコン作業が続いている、身体をほぐして一息いれたい」

「ほぐしてもらってすぐにねむりたい」

「夜遅く、朝が早いから自宅でゆっくりうけたい・・」

「お風呂あがりにほぐしてもらいたい」

「わざわざ化粧して外へ出るのがめんどう

yakusoku_4

六本木で自宅・宿泊施設でのリラクゼーションなら麻布リバースへ!
一人暮らしの女性でも安心して施術を受けていただけます。
品川・港区・中央区・千代田区・目黒区・新宿・ご自宅・ビジネスホテルへ出張致します

六本木は20分でおうかがいできます!


【注意事項】

当店は風俗店ではございません。 私達はこの仕事に、自信と誇りを持って施術に臨んでおります。

また、 セラピストへの常識に欠ける行動、発言などもお控えください そのような状況の場合ですとお断りさせていただいております。 ホテル様での施術を希望される場合、ラブホテルでの施術はお断りしております。

 下記の内容が見られた場合施術スタート後であってもサービスを中止致します。 その場合キャンセルと判断し、時間分の料金が発生いたしますので、ご注意ください。

●セラピストにさわる

●泥酔している

●セラピストの引き抜き

●下着一枚で施術をうける(部屋内に同伴女性がいれば可)

●施術部屋等でアダルト系のビデオをつけている

●プライベートなお誘い、連絡先を執拗にお聞きになる

●当店が不適切と判断したお客様

【その他】

●伝染病や流行りの病気の場合や慢性的な病気での施術は ご遠慮ください。

●妊娠中やその可能性がある場合の施術はその旨、事前にお伝えください。

※良質な技術を提供する為、お客様がセラピストを直接呼ぶ行為は 禁止しております。そのような場合、今後のご利用をお断りさせて頂いております。


メニュー・料金表


予約・お問い合わせ
(下記の番号をスマホタップして電話可能)

コールセンター03-6675-0846

六本木案内


六本木ヒルズ
概要

六本木(ろっぽんぎ)は、東京都港区の地名。
現行行政地名は六本木一丁目から六本木七丁目。
港区北部に位置し、北で南青山、東で赤坂、南東で虎ノ門、

南で麻布台・麻布永坂町・麻布十番・南西で元麻布、
西で西麻布と接する。東麻布とは僅かに接していない。
旧・麻布区に属し、六本木一丁目、六本木二丁目、
六本木四丁目、六本木五丁目の高台地域は番町、
市谷船河原町、市谷砂土原町、そして赤坂の高台地区と並び
特に六本木四丁目のフランシスカン・チャペルセンター周辺と
六本木五丁目の鳥居坂周辺は1990年代前半頃までは
独特の佇まいを残していた。

現在は繁華街というイメージが強い傾向にある。

また、六本木ヒルズや泉ガーデンといった
ビジネス街や高級マンション、
大使館も多くもあり、多面的な顔を見せている。

歴史

現在の六本木の町域は大半が武家地だった区域だが、
江戸時代の「六本木町」は門前町で、
現在の六本木交差点付近の狭い範囲を指していた。
明治以降の「六本木町」は、寺院や大久保加賀守
(小田原藩主)家の下屋敷跡などを含む範囲になった。
武家屋敷跡がお屋敷町になった。
湧き水や地下水に恵まれ金魚の養殖が盛んであった。

六本木近辺には日本軍の軍事施設が置かれ、兵隊の町でもあった。

龍土町(現・六本木七丁目)には1936年(昭和11年)の
二・二六事件にも参加者を出した歩兵第三連隊があり、
隣接する赤坂区檜町(現・赤坂九丁目)には歩兵第一連隊があった。

六本木は、明治時代-昭和初期にかけて麻布区に属し、
戦後麻布区から港区になったが、住居表示実施前の六本木五丁目と

六本木六丁目、六本木七丁目の一部は「麻布六本木町」という麻布の筆頭町名であった。
行政区分や警察署・郵便局の管轄も、六本木は麻布管内となっている。
昭和40年ごろの六本木の地価は坪40万円で、麹町に次いで高かった。

1967年7月1日に、この六本木町のほか、龍土町・三河台町・今井町・材木町

鳥居坂町・東鳥居坂町・永坂町(約半分)・飯倉片町(の一部)・北日ヶ窪町な
ど麻布地区北部一帯の住居表示が実施され、

六本木一丁目から
六本木七丁目までの7か町に整理再編された。

参照:Wikipedia

出張マッサージ麻布リバースのご利用はこちら


メニュー・料金表


六本木には30分で到着いたします。


予約・お問い合わせ
(下記の番号をスマホタップして電話可能)

コールセンター03-6675-0846


関連記事