toggle
2017-06-26

モダン湯治スタイル おんりーゆー


 モダン湯治スタイル おんりーゆーにいってきました!


神奈川県南足柄市に大雄山という山がありその中腹に「おんりーゆー」というモダン湯治スタイルを
コンセプトにうたった入浴施設が存在します。

この山の頂上には曹洞宗の最乗寺というお寺がありますがこのお寺のことはまた次の機会、パワースポットをご紹介する時にお話したいと思います。

 こちらのお湯は、約1500万年前の地層から湧いているお湯で療養泉とよばれる単純硫黄泉で、イオン化された硫黄の成分が湯に溶け込んでいるため温泉の色は無色透明です。

 

⇑ 女湯 右のお湯は約38度という体温より若干高めの温度

体温に近いということもあり、湯あたりすることなくのんびり長時間湯船に浸かっていることが出来ます。そしてこの温度の身体によいという特徴は免疫力UP 、自律神経を整える高いリラックス効果を得ることが出来る、

湯あたりのリスクがないのでじっくり湯に浸かることが出来、血液の循環を促してくれるなど効果を期待することが出来ます。

また、pH.9.5 のアルカリ泉のために、泉質がやわらかく美肌効果があると言われています。

左の湯温は42℃位、内湯も大体40前後のお湯

 

カフェ



湯上りには「森カフェ」や店内カフェ「守破離」でオリジナルドリンクや

手作りのケーキ、軽食などが頂けます。

左はキイウイの蜂蜜漬けソーダ割り、右が梅ジュース

 

      イチゴの蜂蜜漬けソーダ割り 

 

お腹が空いたらレストラン「悠瑠璃」にて野菜や身体にいい食材を使った
おばんざいバイキングを頂くことができます。

 


アクティビティー


 

こちらのおんりーゆーでは、ノルディックウォーキングやピラティス
ストレッチ、アロマブレンド講座など様々なアクティビティーが用意されています。

講座内容や日程など詳しくはアクティビティーをクリックして
下にあるカレンダーをご参照ください。日頃の疲れを山の中の静かな温泉で心身共に癒してみませんか?

 


麻布リバーストップページ


関連記事