toggle
2022-07-10

現代人の食生活は両極端?


今の世の中、様々なサプリメントや身体にいい食品など
数多くの物が出回っています。
その中から自分に合ったものを探すのは大変な事です。
中には多く摂り過ぎたり少なかったりと色々です。
今回は「プロテイン」に関して書こうと思います。

プロテイン(タンパク質)の働き

プロテインは三大栄養素の一つで、生命維持や身体を
作るのに欠かせない栄養素です。
人の身体の約70%は水分、残り約20%がタンパク質で
出来ています。
タンパク質は筋肉・臓器・髪・爪・ホルモン
免疫物質などを構成する栄養素で、タンパク質は
20種類のアミノ酸が配列を変えることで様々な
タンパク質が作り出せます。
20種類のうち9種類は体内で作り出すことができないので
食べ物から摂り入れるしかありません。
ですから、食事はとても大切です。

タンパク質は筋肉を作りたい、または強化したい時に
欠かせない栄養素ですが、実際の働きはどういった
ものでしょう?
厚生労働省では、一日のタンパク質の必要量は成人男性で50g
成人女性では40gと定義され、出来れば成人男性は60g
成人女性は50g摂取することが薦められています。
また、妊娠中の女性や成長期の子供の場合は異なります。

タンパク質が不足すると病気になり易かったり、成長期に
不足すると成長が遅くなったり、きちんとした成長が見込めな
かったり、逆に取り過ぎは消費しきれないエネルギーで太って
しまうことが考えられます。

次回は摂取不足での症状について書こうと思います。



この記事を書いた人

高水 ひろみ

関連記事
電話予約