toggle
2018-03-27

春のイライラには肝 vol.2


春のイライラにはvol.1で東洋医学での『肝』の健康が大切である
ということを述べましたが。

では、どのように『肝が不調に陥ると、どのような状態になるのかを述べていきたいと思います。

春のこんな陽気には要注意


 

『肝』は春に不調になりやすい臓器で、血液や気によって
働きが左右されやすく、常にこの二つの
調和を保つことで
スムーズに働くことができます。

東洋医学では『肝』は新陳代謝をコントロールする臓器であると
されています。心身の気の流れをスムーズにすることでストレスを

溜めずに精神安定・消化器系の働きを助ける・血流の調整などの

働きを担っています。

また、この働きが悪くなることで、イライラしたり、憂鬱になったり
消化器系の働きが悪くなったり、血行不良、女性では婦人科系の不調など

様々な不調が現れます。

気(エネルギー)の滞り
情緒不安定、食欲不振

血流が悪くなる
痺れ、痙攣、生理不順、ドライアイ、目のかすみ

これらの症状が現れます。

『肝』を健康に保ち春を生き生き過ごしたいものです。

参考サイト…肝の養生で春を元気に

 


麻布リバーストップページ


予約・お問い合わせ (下記の番号をスマホタップして電話可能) コールセンター03-6675-0846


関連記事