toggle
2017-12-21

12月の節気


12月には7日が【大雪】22日には【冬至】という2つの節気が
あります。

7日【大雪】はもう過ぎてしまいましたが、大雪が激しく
降り始める時期という意味があります。

この頃になると陽は更に短く、寒さも際立ってくる頃です。

大雪の2週間くらい前に小雪(ショウセツ)があり、この頃から
小雪が舞い始め、大雪の2週間くらい後に冬至がきます。

冬至は一年の中で、太陽の位置が一番低く日も短いため
太陽の力が
一番衰える時でもあります。

逆にこの日を境に日は徐々に長くなり再び太陽が力を取り戻す
ということからこの日を
【一陽来復】と呼び運気が上昇する
とも言われています。

冬至には「ん」の付くものを食べて運気を呼び込めという
諺がありますが、では何故カボチャを食べるのかというと
カボチャ=南京(ナンキン)とも呼び更には陰(北)から陽(南)に
向かうという意味合いを込めて食べられるようになりました。

この他にも「ん」の付く食材に大根・人参・レンコン・銀杏
インゲンなど数多くの物があり、栄養価の高い物を食べるという

生活の知恵でもあったのです。

もう一つは、冬至にゆず湯に入ると風邪を引かない
これには諸説ありますが、一つにはゆずの強く清々しい香りが

邪気を遠ざけ身を清めてくれるというもの

ゆずは病気に強く長命な木なので、それにならい無病息災を願って

ゆず湯に入るという慣習ができたということです。

実際、ゆず湯には血行促進・冷え性の緩和などの効能があります。

皆さんも是非冬至にはゆず湯に浸かって温まってはいかがですか?

日頃シャワーだけで済ませている方には特におススメです。

 


麻布リバーストップページ


予約・お問い合わせ (下記の番号をスマホタップして電話可能) コールセンター03-6675-0846

 



関連記事