toggle
2017-01-19

腸内環境と肌は関係する?



腸内環境の善し悪しで、あなたの肌は変わる


 

まず、腸の話をする前に、肝臓の働きについてお話したいと思います。

腸内環境と肌の関係

栄養素の殆どは小腸で吸収され血管に入ります。

そこで血液によって肝臓に運ばれ、必要なものは身体に取り込まれ
不要なものは体外に排出されます。

肝臓

肝臓は「沈黙の臓器」呼ばれているように、不調が重症化するまで症状として
現れにくいことでも有名です。

 

呼吸と体の関係性


私達は生きていく上で食事をしたり呼吸をします、そのような性質上
少量ではありますが、有害物質や添加物、不要物を身体に取り込んでいるんです。

肝臓はこういった物も代謝、分解し無害化する働きもしているのです。

とても働き者ですね

ただ、肝臓で分解しきれないもは、再度血流にのり腎臓に運ばれ、そこで更に分けられ
再利用され、最終的に不要なものは便や尿として体外に排出されるんです。

ですから、日頃から添加物の多い食品を食べ続けたり、アルコールを多く飲み
続けたりしていると、肝臓はそれらを分解するために黙々と働き

続けなければならなくなり、やがて限界がきてしまいます。

このようなことから、肝臓の働きが悪くなると血液に有害物質が入り込み
肌荒れの原因となったり、更には血色が悪くなって透明感のある美しい肌とは
ならなくなってしまうんです。

また、肝臓は栄養の貯蔵庫でもあるため、働きが悪くなると摂った栄養が貯蔵できず
身体に行きわたらない為、肌に必要なビタミン類が不足となり、肌荒れをおこしてしまいます。

これらのことからも分かるように、肌と肝臓はとても密な関係にあることがわかりますね。

 

便秘=肌荒れ 何故そうなる?


次に腸の働きについてお話したいと思います。


消化に関係する臓器は食道、胃、十二指腸、小腸、大腸の順に存在します。

食道を通り、胃で攪拌された食べ物は小腸で栄養の大部分を吸収され、大腸で
水と
一部のビタミンを吸収しています。

栄養を吸収する腸の働きが悪くなると、必要な栄養が身体に行きわたらず、身体の健康
だけでなく、肌の健康も
損なわれ、肌トラブルの原因になります。

腸の働きを悪くする大きな原因として、便秘が挙げられます。

便秘になると体外に排出されようとしていた毒素や、他の不要物が腸内にながく留まり
結果として腸内環境を乱し善玉菌を減少させ
悪玉菌を増やしてしまうんです。

便秘の原因として考えられるのは、食物繊維不足、運動不足、水分が足りない
ストレス等が考えられます。

便秘=腸内細菌の生態系悪化ということ

腸内で増えた悪玉菌が発生させたガスが、血液中に吸収され肝臓に負担をかけてしまい
ニキビなどの肌トラブルを
引き起こしてしまうのです。

 

まとめ


肌トラブルをおこさないためにもバランスのとれた食事、添加物やアルコール、脂分の摂り過ぎに
注意し、適度な運動を心掛けることが必要です。

 

参考サイト スキンケア大学 肌と内臓の関係

 


麻布リバーストップページ


関連記事